高速増殖炉(FBR)(2011/03/30)

(そんなには詳しく調べてません。原子力発電について雰囲気でも分かればいいかなぁという程度です。)


高速増殖炉(FBR)は発電しながら消費した核燃料より多くの核燃料を生成することが出来ます。
軽水炉の核分裂は主にウラン235で起こしていましたが、高速増殖炉では主にプルトニウム239で核分裂を起こしています。
軽水炉では熱中性子(水で減速した遅い中性子)で核分裂させていましたが、高速増殖炉では高速中性子で核分裂を起こしています。(ウラン235では熱中性子のほうが核分裂しやすい)
核分裂を起こさないウラン238が中性子を吸収すると核分裂するプルトニウム239が生まれます。また、高速中性子のほうが核分裂の際に中性子がより多く発生します。
中性子が多く発生するという事は、ウラン235やプルトニウム239を核分裂させながら、核分裂を起こさないウラン238を核分裂するプルトニウム239に変化させることが出来ます。
結果、発電しながらにして消費した以上の燃料を作ることが出来ます。
軽水炉では中性子を減速させるために冷却材に水を使用していたが、高速増殖炉では中性子を減速させないために冷却材として液体金属ナトリウムを使っています。

放射性廃棄物・再処理 ← 高速増殖炉 → 原爆