ホームページのファイル(2011/04/06)

(そんなには詳しく調べてません。ホームページ作成初心者の私が開設までに至った記録です。)

インターネットをする時は、ブラウザというソフトを使ってインターネットの画面を見ますよね?Internet Explorerとか、Netscape Navigatorとか、Mozilla Firefoxとか、Google Chromeとか、Safariとか。(たった今、このHPを見ているのに使っているソフトです。)

そのブラウザを使って閲覧できるファイルを作るのがホームページを作るということになります。

で、そのブラウザで閲覧できるファイルというのは、HTML言語というもので書かれています。

つまり、HTML言語という言語を使ってホームページのファイルを作ることになります。

YAHOOなどの検索ページで『HTML』などで調べるといろいろと出てきます。

焦らずに基本的なところから始めるとそんなに難しくは無いと思います。

焦って、いきなり凄いホームページを作ろうとすると訳分からずに挫折しそうになるので焦らずに。

あとは、ホームページビルダーといったようなソフトを使うとHTMLの知識が無くてもある程度のホームページを作成することが出来ます。

個人的には、ホームページビルダーのようなソフトに頼りすぎてしまうのもどうかと思うのですが。。。

あと、ビルダーの使い方を覚えるのも結構な努力が必要です。

どうせ努力をするなら、その労力をHTMLタグを覚るほうに使った方が基本がしっかり覚えられるので良いかと思います。

そんな私はビルダーを使っていますが、HTMLタグは手打ちでやっています。これはこれで便利なソフトなので色々と使わせていただいています。

実は私、ビルダーに頼ってHPのファイルを作成しました。

ところがある程度作りこんでいくと、細かい部分でおかしくなったり、無駄なタグが妙に増えてたりしていろんな設定をしている間に訳分からなくなってしまった経緯があります。(そのファイルは、今はお蔵入りです)

そんな経験をして『基本は大事』だと思った次第です。

っと、ちょっと知った偉そうな事を書いていますが、あくまでHTMLは私は初心者です!

あと、検索サイトで『ホームページ』『雛形』『テンプレート』のような単語で検索するとホームページのテンプレートをダウンロード出来たりすると思います。

ある程度HTMLの雰囲気が分かってきたら、テンプレートを分析してみるといいと思います。色々と勉強になります。

まとめ

・ホームページはHTML言語で書かれたHTMLファイルで出来ているので、HTMLを勉強してHPのファイルを作成する。


開設までの大まかな流れ ← ホームページのファイル → 開設する場所