Android アンドロイド タブレットPC OS:2.2

新品価格
¥15,600から
(2011/4/11 11:30時点)

A8-Freescale iMX515 Android2.2 aPad8(中国系タブレットの中に一番IPADに近付いている機種)

ASUS Eee PC 1001PXD-BLACK 10.1型ワイドTFTカラー液晶 ネットブック ブラック EPC1001PXD-BK

ブラザー工業 A4モバイルプリンター PocketJet PJ-560

Xperia(SO-01B)でテザリング(2011/04/10)

※テザリングはくれぐれも自己責任で。(通信費がパケホ対象外になる可能性があります。今のところは平気みたいですが。)
 たしか、SPモードの利用規約にはテザリング行為はしないようにみたいな事が書いてあるとかいないとか。。。
 ちなみに私はSPモードではありません。

テザリングですが、少し前にもそれについて掲載していたのですが(XperiaのWifiルーター化)どうも、ワイヤレスでやっていても今ひとつ安定しません。
なので、昨日あたりからワイヤレスじゃない方法でやっています。ケーブルで繋ぐのは面倒ですがしょうがありせん。
前にやっていた方法なのですが、せっかくなのでここに記しておきたいと思います。

それでは本題に入りましょう。
ソフトは、有料版の『EasyTetherというソフトを使わせていただきました。
無料版は『EasyTether Liteです。
無料版と有料版の違いは、HTTPSが見れるか見れないかの様です。



「EasyTether」をXperiaにインストールして起動してもらうとこんな画面が出てきます。
該当するOSを選択してもらい、「Next」ボタンを押してください。


Nextボタンを押したらこの画面が出てきます。
このソフトはPCにもインストールする必要があるので、ここでは「すでにPCにソフトはインストールしているか?」的な事を聞かれているようです。(英語が苦手でごめんなさい)
ここでチェックをはずして次へ進むと、XperiaへPC用のソフトをダウンロードしてしまうので、XperiaからダウンロードしたソフトをPCへ移し変える手間が発生します。
それでは面倒なので、PCへソフトをインストールする方法は後述するとして、ここではチェックを入れて「Next」ボタンを押して次へ進みます。
(画像では「Download」ボタンですが、チェックを入れると「Next」ボタンになります。)


「Next」ボタンを押して次へ進むとこの画面が出てきます。
「Finish」ボタンを押せば、Xperiaの設定は完了です。

つぎに、PCの設定に入ります。



まず、http://mobile-stream.com/easytether/drivers.htmlへPCでアクセスします。
するとこの様な画面が出るので、該当するOSのファイルをダウンロードしてPCにインストールしてください。
インストールするときにセキュリティの画面が出ると思いますが、そのまま進めてください。
(「フリーズした?」と思うときがあるかもしれませんが、少し待ってるとセキュリティの画面が出たりします。)

これで一先ずインストールは完了です。

つぎに使い方です。


まずは、PCとXperiaをUSBケーブルで「デバッグモード」で接続します。
つぎに、XperiaのEasyTetherを動かすとこの画面が出るので、「USB」のチェックボックスをタップして有効にしてください。
最後に、PCでEasyTetherを起動すると(すでに起動していると思います。)画面の右下のところにEasyTetherのアイコンが表示されていると思うので、右クリックをしてメニューの中から「Connect via Android」をクリックすると接続完了です。

切断はPCのEasyTetherのアイコンを右クリックすると、先ほどのところに「Disconnect」と表示されるのでクリックして切断し、Xperia側EasyTetherのUSBのチェックボックスをはずして切断処理をしてください。



今のところはパケット定額範囲内でテザリングできてますが、この先どうなるでしょうか。。。